看護師の海外留学、派遣について

Marumie Link

看護師の海外留学で身に就くこと

看護師が海外留学した場合、特にその国で看護師の責任がかなり大きいと、より高い看護スキルが身につくことが期待できます。
海外では、看護師の職場での地位が日本より高いことが多く、より大きな責任を負っていることが少なくありません。
医師ともほぼ対等な関係で医療に参加します。
医師から言われたことに絶対服従という関係ではありません。
そうした環境で訓練することによって、医療に携わる際の違った姿勢が身に就くことが期待できます。
そうした姿勢を求める病院にとっては得難い人材となり得るでしょう。
また、海外留学によって、その国の生きた言語を身に就けることができます。
グローバル化が進んだ現代では、外国人の患者を扱う機会も増えていますので、外国語が話せる看護師は貴重な存在です。
医師は読み書きは皆できますが、会話力はまた別の問題ですので、留学経験があり、流ちょうに会話できる看護師がいたら、相当役立つでしょう。
看護スキルと語学力、この二つの能力は確実にアップします。

看護師の海外留学や外国人について

看護師が海外留学すると、看護師により重い責任が任されている医療の現場に身を置くことになります。
海外では、看護師は看護という分野のプロフェッショナルとして尊重され、それに関しては医師よりも発言権があることが少なくありません。
医師と対等な関係で発言し、責任も負うことが求められますので、日本の医療現場とは違ったあり方を体験できます。
主体性がより求められ、自分で考え、判断することになり、知識や経験の重要性も痛感されることになるでしょう。
制度自体が違うこうした場で学ぶことは、貴重な経験となります。
日本では外国人が増えてきつつあり、患者の中にも外国人が増えています。
今後はますます増えていくことが予想されていますので、海外留学経験があり、語学力の高い看護師の需要は増すばかりでしょう。
日本を訪れる外国人は、英語がどこでも通用すると考えていることが少なくないため、日本語がまったく話せないこともよくあります。
対応できる人材が必要です。

ページの先頭へ

COPY RIGHT (C) Marumie Link ALL RIGHT RESERVED